表示すべき新着情報はありません。
 

メニュー

学校紹介Prospectus(English Version)各学期行事予定学校行事の様子部活動高校入試転入学案内中学生の皆様へ進路状況人権教育英語教育・国際交流いじめ防止基本方針環境教育・防災教育保健室図書館家庭クラブ活動学校評価保護者の皆様へ卒業生の皆様へ各種証明書の発行提言ボックス学校公開

徳島県立徳島北高等学校

〒771-1153
徳島市応神町吉成字中ノ瀬40-6
TEL.088-698-8004
FAX.088-698-8184
e-mail
tokushimakita_hs@mt.tokushima-ec.ed.jp

最寄駅:JR高徳線 勝瑞駅
 
COUNTER3073409
        Since 2010/05/21
QRコード
携帯サイト
 

人権教育

北高の人権教育 >> 記事詳細

2018/07/23

2学年人権教育講演会

| by:人権教育課
 7月11日(水)に2年生を対象に『終着駅のないレールを走り・・・』と題して,犯罪被害者遺族の高松由美子さんにご講演をしていただきました。
 集団暴行により命を奪われた息子さんについて,事件後は止まった時間と動いている時間の2つの時間軸の中で多くの葛藤を抱えながら考え,取り組んできたことを語ってくださいました。そして,息子さんを等身大で表したメッセンジャーとともに,「世の中でたった1つの命を大切に,奪うことも,なくすこともない,加害者も被害者もない社会を作ってほしい」という言葉が伝えられました。また,手記『おもかげ』を寄贈していただきました。

 生徒の感想
・実際に経験された話は,言葉が重く,気持ちがとても伝わってきた。
・犯罪はいつ自分にふりかかってきてもおかしくないということを再確認した。
・人の手足は凶器にもなれば,人を救うこともできるという話があったが,そうなると大事なのは,その手足を制御し,感情を司る脳である。卑劣で残忍な行為は許されない。
・何十年経っても消えない心の傷を語り続けることができるのは息子さんを心から想っているからだと思う。
・自分の生命は自分一人だけのものではなく,親から渡されたバトンを次につなぐ役目があるのだと分かった。自分の生命,他人の生命どちらも大事にしていきたい。

16:43