表示すべき新着情報はありません。
 

メニュー

生徒の皆さんへ学校紹介Prospectus(English Version)各学期・各月 行事予定学校行事や活動の様子部活動高校入試転入学案内中学生の皆様へ進路状況人権教育英語教育・国際交流いじめ防止基本方針環境教育・防災教育保健室図書館家庭クラブ活動学校評価保護者の皆様へ卒業生の皆様へ各種証明書の発行提言ボックス学校公開

徳島県立徳島北高等学校

〒771-1153
徳島市応神町吉成字中ノ瀬40-6
TEL.088-698-8004
FAX.088-698-8184
e-mail
tokushimakita_hs@mt.tokushima-ec.ed.jp

最寄駅:JR高徳線 勝瑞駅
 
COUNTER3641751
        Since 2010/05/21
QRコード
携帯サイト





スマートフォンはこちら
 

家庭クラブ

活動の様子
123
2021/01/07

徳島県高等学校家庭クラブリーダー研修会・生徒実行委員会参加報告

| by:部活顧問
 12月25日(金)城東高等学校で行われた,徳島県高等学校家庭クラブリーダー研修会・生徒実行委員会に本校生徒会長がが参加しました。
 午前の研修会では,令和3年度に本県で開催される家庭クラブ全国大会の準備として,講師にマナーコンサルタントとして御活躍されている,徳島文理大学短期大学部講師川道映里先生をお迎えし,マナー講習会を実施しました。
 午後からは,令和3年度に本県で開催される家庭クラブ全国大会の生徒実行委員会があり,一昨年兵庫県で開催された全国大会の報告がありました。その後,本県の家庭クラブが発行する機関紙のタイトルを決定したり,生徒実行委員全員で撮影した写真と,委員それぞれの全国大会への決意を記入したカードを貼付したボードを作成したりしました。他校の生徒たちとの活動もあり,クラブ員同士の交流を深めることもできました。


09:57
2020/12/23

上勝町リモート視察を行いました

| by:部活顧問
 12月21日(月)家庭クラブ委員会では,上勝町リモート視察を行いました。
 いろどり事業・ゼロウェイスト・SDGsの取組等について動画を交えながら詳しく説明をしていただきました。元気な高齢者が健康であることが人口減少の抑制につながり,集落活動の維持と持続可能な美しいまちづくりにつなげることができる。SDGs未来都市に選定され益々活気ある上勝町の実践は,私たちが見習うべき事もたくさんありました。
 「リサイクル率80%を今後いかにして上げていくか」という課題は,私たちの消費スタイルを変えていく必要性があることを強く感じました。
 また,上勝町・城南高校・本校の3か所を結んだリモートでの視察は,城南高校の生徒の皆さんの意見や感想を聞くこともできて,とても参考になりました。
 長時間講座を担当していただいたパンゲアフィールドの野々山様,大変ありがとうございました。


16:29
2020/10/29

[おにぎりアクション2020」に参加しました

| by:部活顧問
 家庭クラブでは,今年も「おにぎりアクション」に参加しました。今年は新型コロナウイルス感染を防ぐため,各自が自宅で作ってきたおにぎりを写真撮影し,投稿しました。友人と一緒に投稿した生徒もいて,家庭クラブ員だけでなく多くの投稿ができたようです。


〔生徒の投稿〕

15:30
2019/10/09

「おにぎりアクション2019」に参加しました

| by:部活顧問
 家庭クラブでは,今年も「おにぎりアクション」に参加しました。このプロジェクトは,おにぎりの写真を一枚投稿すると,協賛企業からアフリカ・アジアの子どもたちの給食5食分に相当する100円が寄付されるという活動です。
 家庭クラブ員各自がおにぎりを作り,メッセージを添えて,写真を投稿しました。
 このキャンペーン活動は11月20日まで続きます。アフリカ・アジアの子どもたちにおいしい給食が届けられるよう,皆さんも是非,活動に参加してみてください。

〔生徒の投稿〕
   

17:18
2019/09/30

エシカル体験フィールドワークに参加しました

| by:部活顧問
 9月28日(土)三好市徳善地区で開催された,エシカル体験フィールドワークに本校から2名の生徒が参加しました。身の回りにあるものを使って自分たちで生活を豊かにしていく生き方は,まさにエシカルライフそのものです。今回のフィールドワークでは,はにかむ体験(大歩危駅前集落体感プログラム)や地元の方との交流を通して,人や環境に優しい暮らしを体験することができました。自分たちの毎日の生活にも,ぜひ取り入れていきたいと思いました。

   
はにかむ観光案内所山口さんとの 打ち合わせ グループワーク 観光客の歓迎
   
 ロックバランス体験活動 地域の方との交流活動 茶摘み体験活動

16:47
2019/08/27

徳島県高等学校家庭クラブリーダー研修会参加報告

| by:総務課
 8月119日(月)吉野川市交流センターで行われた,徳島県高等学校家庭クラブリーダー研修会に3名の生徒が参加しました。
 研修会では,令和3年度に本県で開催される家庭クラブ全国大会の準備として,ペットボトルキャップを使ったピンクッションの製作を行いました。
 また,城東高校からは家庭クラブ指導者養成講座,小松島西高校からは兵庫県で開催された全国大会の報告がありました。他校の生徒たちとの活動もあり,クラブ員同士の交流を深めることもできました。
 
17:20
2019/08/13

徳島県高等学校家庭クラブ研究発表大会並びに総会参加報告

| by:総務課
 令和元年度徳島県高等学校家庭クラブ研究発表大会並びに総会が,7月12日(金)吉野川市鴨島公民館で開催されました。
 本校からは代表生徒4名が参加し,各学校の研究発表を聴きました。
 令和3年度に徳島県で開催される全国大会に向けて,小松島西高校の生徒さんからポスターの原画募集等大会準備についての話がありました。次年度以降の家庭クラブ員のために,今できることを準備していくことの大切さを痛感しました。 


17:01
2018/12/13

エシカル出前授業を実施しました

| by:部活顧問
 12月12日(水)イオントップバリュ株式会社 マーケティング本部 ブランドマネージメント部 有本幸泰氏を講師に迎え,1年生を対象としたエシカル出前授業を行いました。
 日々,私達消費者が安心して商品を選択することができるよう,企業として様々な配慮をして,商品を提供している取組についてお聴きすることにより,エシカルな消費行動について,具体的に考えるよい機会となりました。また,今回の授業を通して,日本は世界の国々に助けられていることを,改めて実感した生徒も多くいたようです。世界とつながることの大切さを感じ取り,持続可能な社会の実現のために,エシカルな行動を起こしていく必要性を感じたという感想も多くありました。

生徒の感想より
・世界には1日150円で生活している人もたくさんいるなか,食品ロスなどで資源を無駄にしている。先進国の私達がこの現状に対処していくべきだ。徳島はエシカルの先進地域だということを聞いたので,徳島県民の私達から限りある資源を大切にし,食品ロスの削減,フェアトレード商品の購入など,できることをしていきたい。
・私たちがあたり前に食べているものが,どこでどのように生産されているのか。また,生産国の経済事情はどうなのか等について,これからは意識して知っていかなければいけない。
・小学生が書いた「この世の中で一番怖いこと」の詩の中にあった「間接的にどこかの誰かを不幸にしていること。間接的に生き物の命が奪われていること。それを気づかないこと。それに気づこうともしないこと。気づいた時にはもう遅いこと。」という言葉に心を動かされた。世界のニュースを知り,自分の身近なこととして捉えるような努力をしたい。

 
 授業の様子

13:10
2018/11/20

野菜ソムリエ料理講習会を開催しました

| by:部活顧問
 11月14日(水)野菜ソムリエ上級プロ&ジュニア食育マイスターキッズ野菜ソムリエ講師の三好貴子先生と,本校卒業生で地元藍住町で活動をされている,野菜ソムリエの井上妙先生を講師にお迎えして,地産地消をテーマとした料理講習会を開催しました。
 メニューは,「にんじんのおやき」「にんじんのポタージュ」「キャロットケーキ」の3品でした。3品とも料理法が工夫されていて,それぞれににんじんの良さが感じられるメニューでした。また,ポタージュスープのとろみ付けに小麦粉の代用として米粉を使うことで,手軽に調理できる方法も教えて頂きました。米粉を使うことは,食料自給率向上のためにも有効なので,今後も取り入れたいと思いました。
 今回の講習会に際して,大変お忙しい中,講師をして頂いたお二人の先生方,大変ありがとうございました。また,藍住町経済産業課の皆様には「にんじんフレーク」や「にんじんパウダー」をご提供頂きました。皆様のご協力に感謝いたします。

09:32
2018/08/31

徳島県高等学校家庭クラブリーダー研修会参加報告

| by:部活顧問
 8月17日(金)美馬市穴吹町農村改善センターで行われた,徳島県高等学校家庭クラブリーダー研修会に3名の生徒が参加しました。生徒達は,JRを乗り換えて穴吹駅まで,ちょっとした小旅行気分を味わっていました。
 研修会では,『日々の生活の中の行動を,環境に配慮した行動につなげよう』ということで,アクリルたわしの製作を行いました。アクリルたわしは親油性があり,食器洗いの際に少ない量の洗剤で汚れを落とすことができます。生徒は,初めての編み物に悪戦苦闘しながらの製作でしたが,1本の糸が絡まり合って形になっていくのは興味深いものだったようです。
 いろんな学校の生徒たちとのグループ活動もあり,クラブ員同士の交流を深めることもできたようです。
 最後に,編み物の指導をしてくれた城南高校手芸部のみなさんにお礼の挨拶をしました。
   
 参加生徒 製作の様子  閉会行事(お礼の言葉)
          
17:49
123