表示すべき新着情報はありません。
徳島県立徳島北高等学校
 

メニュー

学校紹介Prospectus(English Version)各学期行事予定学校行事の様子部活動高校入試転入学案内中学生の皆様へ進路状況人権教育英語教育・国際交流いじめ防止基本方針環境教育・防災教育保健室図書館家庭クラブ活動学校評価保護者の皆様へ卒業生の皆様へ各種証明書の発行提言ボックス学校公開

徳島県立徳島北高等学校

〒771-1153
徳島市応神町吉成字中ノ瀬40-6
TEL.088-698-8004
FAX.088-698-8184
e-mail
tokushimakita_hs@mt.tokushima-ec.ed.jp

最寄駅:JR高徳線 勝瑞駅
 
COUNTER2912745
        Since 2010/05/21
QRコード
携帯サイト
 

学校行事の様子

学校行事の様子
12345
2018/11/07

University in 徳北を開催しました

| by:総務課
University in 徳北 ~出張講義~

 県内外の大学・専門学校より、24名の先生をお招きして、University in 徳北を実施しました。
 1,2年生637名が50分の講義を2講座ずつ受講しました。
 大学の雰囲気を感じたり、自分の進路を考えたりする、よい機会となりました。


日本文学

四国大学
佐々木義登先生



日本文学
 
    <生徒の感想より(抜粋)>

・授業では習わない深い部分まで知ることができて興味深かった。
・最後の、夏目漱石→芥川龍之介→太宰治のバトンのところがとてもおもしろかった。
・過去の文豪たちも、あこがれをもって作品を書いていたことが分かった。
心理

立命館大学
中鹿直樹先生

心理
・とてもおもしろい講義であっという間だった。
・「心を測定する」というのが興味深いと感じた。
・心は単独では心として機能しないことが深いなあと思いました。
英語

徳島大学
モートン常慈先生

英語

・徳島のことについて英語でやりとりをしながら考えていくのが勉強になりました。
・徳島について知ってもらえるように工夫して伝えることが大切だと思った。
・自分の単語量の不足に気付かされ、もっと勉強をがんばろうと思った。
法学

香川大学
肥塚肇雄先生

法学
 
・最新技術の自動運転にも、法律的な問題があるということを知った。
・運転の自動化は法的に複雑な問題がありまだまだ実用化は難しいのかなと思った。
・日常生活でも法学のことを考えながら生活していきたいと思う。
経済

徳島文理大学
水ノ上知邦先生

経済
 
・ぼんやりと経済学が楽しそうだと思っていたが、詳しく知れてもっと興味がわいた。
・3月生まれの話とか、偶然としかいえないだろうと思っていたことにちゃんとした理由があって驚いた。
・利益は幸せに直結するのかと感じた。
経営

岡山理科大学
水谷直樹先生

経営
 
・店舗によって狙っている利益が違うことが分かった。
・同業界における自らの企業の位置づけを考えることが大切だと分かった。
・成功例を踏まえて説明していただき、なんとなく自分でつかめるものがあった。
社会

徳島大学
矢部拓也先生

社会
 
・「徳島から出たい派」だったけどVS東京を見て考えが変わった。
・他のものと比較することで、改善点が見つかったり、物事を深く考えられると分かった。
・伝統や文化を大切にしながらも、新しいものを発信していくべきだと思った。
国際

鳴門教育大学
石村雅雄先生

国際
 
・これから、様々な世界の文化などに、もっと触れたいと思った。
・発展途上国の教育に貢献できるようなことをしたいと思った。
・日本のことだけを当たり前と思わずに世界を視野に入れていきたい。
音楽

徳島文理大学
千葉さやか先生

音楽
 
・普段、何気なく聴いている音楽の力のすごさを知った。
・音楽を通して、リハビリや障がい者の役に立てるというのがとてもいいと思った。
美術

愛媛大学
上原真衣先生

美術
 
・イタリアにレオナルド・ダ・ヴィンチの名画を見に行きたくなった。
・絵画を「見る」ではなくて「読む」というのが印象的でした。
・美術作品の見方が大きく変わるような内容だった。
スポーツ

 川崎医療福祉大学
西本哲也先生

スポーツ
 
・筋肉の鍛え方や、普段の生活に使えるようなことを科学的に説明してもらえて、とてもためになった。
・部活に役立つ情報が多かったので、取り入れようと思う。
・今後のトレーニングに活用していきたい。
教育

香川大学
柳澤良明先生

教育
 
・教育は、ただ教えればいいのではなく、人との関わりが大切だと分かった。
・何か自分も試したり挑戦してみたいと思った。
・たくさんの質問に詳しく答えてくださって、これからの進路選択にとても役立った。
保育

四国大学
河上陽子先生

保育
 
・身近にあるものを使って、体全体で遊ぶことの大切さを知った。
・幼児教育に対する気持ちが強くなった。
・運動を通して、子どもの発育や発達が分かるなど、様々な知識を得ることができた。
栄養

四国大学
板東絹恵先生

栄養
 
・心の栄養と身体の栄養、どちらもしっかり学べた。
・心理の面から栄養について考えることができることを知った。
・栄養分野でありながら、自分の行動を見直し、改善するよい機会になった。
・将来の夢の選択肢が増えました。
数学

徳島大学
大渕朗先生

数学
 
・だまし絵や遠近法の理論が数学の式で表されていて、数学の奥深さを感じた。
・だまし絵の工作がとても楽しかった。
・感覚的に理解していたことを実際にやってみるのはとても楽しかった。
工学 機械

徳島大学
谷岡広樹先生

工学(機械)
 
・話を聞けば聞くほど、人工知能の世界は難しく広いものだなと思わされた。
・人工知能がどういうものか、少しだけ知ることができたような気がする。
・もっと専門的なことを勉強したらおもしろいんだろうなと思った。
工学 エネルギー

関西学院大学
鹿田真一先生

エネルギー
 
・日本のエネルギー危機をアイディアでカバーしようとする姿勢が素晴らしいと思った。
・小さなことかも知れないが身の回りで解消していけることがあればしていきたいと思った。
・後世のために住みやすい地球を残せるように、解決策を考えないといけない。
農学

岡山理科大学
手島玲子先生

農学
 
・獣医学というと動物のことだと思っていたが、ヒトについても学べるのだと興味深かった。
・アレルギーについての興味がわきました。これから、アレルギー表示を気にしてみようと思います。
医療工学

岡山理科大学
小畑秀明先生

医療工学
 
・医療と工学の結びつきが強いことや、医学が発達していった様子がよく分かった。
・私たちの健康はたくさんの人によって守られていることが分かった。
・医療に携わる仕事が、医師や看護師以外にもあることがよくわかった。
医学

徳島大学
金山博臣先生

医学
 
・ロボット手術の様子を初めて見て、本当にまるで人間の腕のように細かい動きができていて驚いた。
・医師になるために一生懸命勉学に励もうと思った。
・ロボットを使った手術の利点や、医療工学との関係性の大きさなど、たくさん知ることができた。
薬学

徳島文理大学
市川勤先生

薬学
 
・投与量や投与速度の計算をして、少し薬剤師を体験したみたいでよかった。
・薬剤師になってチーム医療に携わりたいと思った。
・薬学は高校の授業で習ったことが基礎になると言われて、今の授業を大切に受けようと思った。
看護

徳島大学
岡久玲子先生

看護
 
・地域の人々が生き生きと健康的に暮らせるためにがんばってみたいと思った。
・地域看護は、病院の中だけに留まらない幅広い看護であるということが分かった。
・ただ看護師になりたいと思っていたが、保健師になっていろいろな人のお世話もしたいという気持ちになった。
理学療法

徳島医療専門学校
芳野一也先生

理学療法
 
・先生が前で実際に実演してくださってとてもわかりやすかった。
・メリットやデメリット、大変なところや楽しいところなど、詳しい話を楽しく聞くことができました。
・オープンキャンパスでは聞けなかったことも聞けて、とても有意義な時間だった。
公務員

穴吹情報公務員カレッジ
篠原啓子先生

公務員
 
・思っていたよりも難しい内容の試験で、今からがんばろうと思った。
・演習することでよりいっそう理解を深めることができた。
・何より、頭を柔らかくしなければ解けないということを理解した。

西本先生の講義
08:55
2018/11/01

平成30年度 創立記念日講演会

| by:総務課


 本校の第22回創立記念日である11月1日に,徳島北高校第9期卒業生  
四国大学全学共通教育センター 助教 西條 結人 氏
を 講師にお招きして講演会を行いました。
 
 「学校での学びから世界へ ~『ことば』を勉強するということ~」と題して,国際協力機構(JICA)青年海外協力隊員として,キルギス共和国のビシケク人文大学で,日本語授業や大学院生への研究指導を担当された経験を元に講演をしていただきました。語学を学習することは自分の視野を広げたり改めて日本を知る機会になることや,言葉を教える仕事を通して新しい世界や人との出会いを経験できたことなど,大変興味深い内容であり,生徒も真剣に聞き入っていました。
 そして北高生へのメッセージとして,自分の心の中にある物差しを,今後の経験の中で大きな物差しに変えていけるよう,大きな目標を持って欲しいと力強いエールをいただきました。
 講演後には,生徒からの質問に対して示唆に富んだお答えをいただきました。
 生徒たちにとって,何のために学ぶのかということも含めて,自分の将来像について具体的に考えるよい機会になりました。
< 講演会の様子 >






18:49
2018/10/16

あいさつ運動

| by:生徒課
 今回は,本校生活委員の取り組みを紹介します。10月11日(木),12日(金),8時30分~8時45分の15分間,あいさつ運動を実施しました。1学期にも2回実施し,これで3回目となりました。今回は,1,2年生の生活委員に加え,生徒会・男女バスケットボール部もお手伝いをしてくれました。気持ちの良いあいさつがこだましており,朝から爽やかな気持ちになりました。今後もあいさつ運動を実施していきたいと思っています。
  
07:52
2018/09/13

校内手帳甲子園(文化祭)

| by:総務課
  校内手帳甲子園

9月8日・9日の本校文化祭において、校内手帳甲子園を実施しました。
4月より使用している、日々の生活や目標を記録し、自分を客観視するためのスケジュール手帳について、「表紙デザイン部門」「手帳活用部門」のいずれかに1・2年生に応募してもらった中から、優れた作品77点をガラスのストリート1階に展示し、投票してもらいました。

手帳甲子園
21:58
2018/09/09

9月9日(日)の文化祭(公開)について

| by:特別活動課
 9月9日(日),悪天候の中にもかかわらず,1,221名もの多くの方々が本校文化祭にお越しくださいました。
 駐車場が混雑し一部の方には迷惑をおかけしましたが,文化祭の内容はいかがでしたでしょうか。お越しくださいました方々,たいへんありがとうございました。
 なお,この文化祭の様子は,近日中にこのサイトに掲載いたします。
15:00
2018/07/19

1学期末表彰伝達 ・ 全国大会壮行会

| by:特別活動課
 7月19日(木)に第1学期末の表彰伝達および全国大会壮行会が行われました。表彰伝達では,運動部では陸上部,バレーボール部,ソフトテニス部、弓道部,空手道部,柔道部,水泳部が。文化部においては,写真部,美術部,書道部,放送部,合唱部,文芸部、百人一首かるた部が表彰を受けました。
 そして,この夏に全国大会に出場する部活動や同好会等の紹介も行われました。陸上競技、柔道、少林寺拳法、放送、弓道、ビーチバレーボールが全国大会に出場します。全国という大きな舞台で,県の代表であることを誇りに,持てる力の全てを出し切って欲しいと思います。がんばれ,北高生!!!

 
 

18:00
2018/06/19

面接対策講演会が行われました。

| by:特別活動課
6月19日(火),総合的な学習の時間において3年生を対象とした,面接対策講演会が行われました。
講師にはマナーアドバイザーの浪越あゆみ様をお迎えし面接に打ち勝つポイントの他,日常生活の中でも重要視される第一印象の重要性について講演をしていただきました。
3年生にとっては自分の進路決定にもかかわる重要なテーマだったこともあり,最後まで集中して耳を傾けることができていました。本日学んだことを、日々の生活の中で意識していくことで理想的な立ち振る舞いを身に付けて欲しいと思います。

 

 


18:00
2018/06/15

第1回地球市民講座 【留学フェローシップ講演会・座談会】

| by:国際交流課
【留学フェローシップ講演会】
 6月15日(金)1年生対象に特定非営利活動法人 グローバルな学びのコミュニティー・留学フェローシップ(世界で活躍したい高校生を応援するために,現役留学生と教員とが一体となって結成されたNPO法人)の大学生7名による講演会が開催されました。
 「高校時代にどのように進路選択をしたか?」「現在の大学生活について?」などのプレゼンテーションを通じて自分の視野を広げ,将来の進路選択をともに考えました。



【留学フェローシップ座談会】
 引き続き放課後,希望者に対して「海外大学進学について」の座談会を開催しました。
「どうして海外の大学に行こうと思ったのですか?」「お金はどのくらいかかるのか?」「家族は反対しなかったのか?」など具体的な質問にも丁寧に答えてくださいました。

15:41
2018/06/11

薬物乱用防止教室

| by:保健・教育相談課
 6月8日(金)、1・2年生を対象に、薬物乱用防止教室を実施しました。講師は、学校薬剤師の宮佐俊昭先生です。
 薬物乱用については、DVDを視聴後、乱用薬物の種類や、薬物依存のサイクル等について、わかりやすく説明してくださいました。
 喫煙については、タバコの有害成分、疾病のリスク、未成年の喫煙のリスク、美容との関係など様々な側面から、グラフや写真も掲示して説明していただきました。
 飲酒については、未成年への悪影響を説明していただき、20歳を超えてから飲める人は適量にとどめることと教えていただきました。

                      

 講演後の生徒の感想文から、タバコやお酒が入門薬物と呼ばれ、薬物乱用のきっかけとなること、一回の使用でも乱用となることなど、強く心に残ったようです。また、「やめることは難しいので、最初から手を出さないようにしたい。」「勇気をもって誘いを断れるようにしたい。」などの感想も多くありました。これからも薬物乱用の害について知識や理解を深め、身体や心を自分自身で守る選択ができるよう期待しています。
14:00
2018/05/15

公務員セミナーを実施しました

| by:進路課・就職担当

 5月14日(月)15時50分から18時00分まで,本館1階の大会議室において,「公務員セミナー」を開催しました。このセミナーは,毎年この時期に開催され,公務員の仕事の内容について知るとともに,採用状況や試験の内容,合格に向けての勉強方法などについて学ぶ機会となっており,今回は全学年で生徒35名と保護者の方6名が参加してくれました。

           
            講師の先生方を紹介しています。
 内 容
  15:50~16:40 公務員試験の概要・勉強方法について
     穴吹カレッジ キャリアアップアドバイザー 島野 美佐子 氏 
          
     公務員採用試験の対策について,熱っぽくアドバイスしてくれました。   
  
  16:45~17:15 警察官の採用について及び質疑
     徳島板野警察署 指導官兼警務課長 株木 彰 警部 
            
      本校卒業生の堀川さんが,警察官としての体験を話してくれました。     
  
  17:20~17:50  自衛隊の採用について及び質疑                          
     自衛隊徳島地方協力本部 鳴門地域事務所 広報官 井上 晃広 三等海曹 
          
      本校卒業生の吉田さんが,自衛官としての体験を語ってくれました。
       
  17:50~18:00 徳島県職員の採用について
              徳島県人事委員会事務局任用課  玉岡 あき子 係長
          
       県庁職員の仕事内容について,PV動画を用いて説明してくれました。
   
  18:00~18:30 各ブースに別れて,個別進路相談
          

 本校卒業生が講師として,実体験を含めた内容で警察の仕事や自衛隊の仕事について,丁寧に話してくれました。
 
 参加者にとって,将来の進路選択に役立つ,有意義なセミナーとなりました。


11:55
12345