表示すべき新着情報はありません。
徳島県立徳島北高等学校
 

メニュー

学校紹介Prospectus(English Version)各学期行事予定学校行事の様子部活動高校入試転入学案内中学生の皆様へ進路状況人権教育英語教育・国際交流いじめ防止基本方針環境教育・防災教育保健室図書館家庭クラブ活動学校評価保護者の皆様へ卒業生の皆様へ各種証明書の発行提言ボックス学校公開

徳島県立徳島北高等学校

〒771-1153
徳島市応神町吉成字中ノ瀬40-6
TEL.088-698-8004
FAX.088-698-8184
e-mail
tokushimakita_hs@mt.tokushima-ec.ed.jp

最寄駅:JR高徳線 勝瑞駅
 
COUNTER2825312
        Since 2010/05/21
QRコード
携帯サイト
 

人権教育

北高の人権教育
123
2018/06/27

保護者の皆様へ

| by:人権教育課
 向暑の候,ますます御健勝のこととお喜び申し上げます。
 日頃は,本校教育活動に御理解・御協力を頂きありがとうございます。
 さて,保護者の皆様と各学年の生徒を対象とした人権教育講演会を,次のとおり開催いたします。平日ではございますが,ぜひご参加いただきたく御案内申し上げます。
 詳しくは,次の資料をご覧ください。
人権教育講演会の御案内.pdf
18:12
2018/06/27

保護者の皆様へ

| by:人権教育課
 向暑の候,保護者の皆様にはますます御健勝のこととお喜び申し上げます。
 日頃は,本校の人権教育に御理解,御協力を賜り,厚くお礼申し上げます。
 さて,本校では,毎年夏季休業中に人権委員会を中心に,人権研修会を実施しています。今年は岡山県の「長島愛生園」を訪問し,園内や歴史館を見学する予定です。
 ハンセン病についての理解を深め,偏見や差別の現状を知り,人権の大切さを考えるよい機会と存じますので,ぜひ参加くださいますよう,ご案内申し上げます。
 詳しくは,添付いたしました資料をご覧ください。
人権研修について(長島愛生園).pdf
17:45
2018/05/19

人間関係づくりワークショップ

| by:人権教育課
 5月8日(火)・10日(木)に1年生を対象に,「ピアりんぐ(仲間づくり)体験学習」を本校多目的ホールで実施しました。(2ホームルーム80人を2時間単位で2日間に分けて実施)。このワークショップは,より良い人間関係を築くために生徒同士が繋がり合い,相手を思いやるようになってほしいとの思いから,入学して間もない1年生を対象として行っています。
 まずはじめに,自分たちが日頃どんな会話をしているかを振り返り,その後学校で起こりうる困った場面を想定し,自分たちも他者も気持ちよく解決することができるアサーティブな表現方法について学びました。最初は消極的だった話し合いも活動が進むにつれ活発に意見を述べ合うようになり,活動の最後には,各班ごとに考えたアサーティブな表現をめざして,各班・各ホームルームとも意欲的に取り組みました。

生徒の感想
・友だちとの関わり方について見直すことができた。
・あまり話したことのない人とも話せて楽しかった。自分にはない着眼点があった。
・みんなで発表ができて良かった。クラスのみんなとの関係が深まった気がする。
・相手も自分も尊重するって意外と難しいなと思った。
・相手も自分も傷つけない方法が分かった。より良い友だち関係をつくりたい。
・普段相手が傷つかないように言葉をかえしているか不安になった。今後は意識したい。
自分が嫌なことでも受け入れていたが,これからは相手を思いやりながら断ろうと 思った。
・アサーティブな表現を心がけようと思いました。とっさにできることが大事だなと思いました。心遣いができる人に成長していきたい。

         説明を聞く               アサーティブな表現を考える              班で話し合う
  

        みんなで考えます                 判定                      表彰式
  
10:39
2017/12/08

1学年人権教育講演会

| by:人権教育課
 12月7日(木),「ハンセン病啓発活動に学ぶ ~無知からの偏見・差別~」と題して徳島県ハンセン病支援協会会長の十川勝幸さんにご講演していただきました。

 生徒の感想から
・ハンセン病患者であった方たちの,「偏見や差別を受けていた過去を恨まない。」という言葉や,恨むどころか今を楽しく生きようとする前向きな考え方に心打たれた。社会の担い手となっていく私たちが,ハンセン病患者の方々に向けられたような差別がない社会をつくるため,高校生のうちからできることをしていきたいと思う。
・法律がなくなった今も,未だに故郷に帰れない方がいることを知った。今回ハンセン病に関する正しい知識を得ることができた私たちが,少しでも多くの人たちに伝えていかなければいけないと思った。
・ハンセン病に限らず正しい知識と理解が大切だと改めて感じた。機会があれば大島青松園に行き,ハンセン病回復者の方々といろいろなお話をしたいと思った。

18:39
2017/12/08

平成29年度「人権に関する児童生徒の作品」表彰式及び発表会・展示会

| by:人権教育課
 12月3日(日),徳島県立21世紀館で平成29年度「人権に関する児童生徒の作品」表彰式及び発表会がありました。本校からは,坂本萌歌さんが受賞作を披露しました。入賞者は次の皆さんです。
・「作詞作曲」  高校生の部 教育長賞 1年 坂本萌歌さん
・「標語ポスター」高校生の部 教育長賞 1年 田中絵梨奈さん
               理事長賞 1年 武林樹さん



 
 
17:10
2017/10/23

人権教育映画会「この世界の片隅に」を鑑賞しました

| by:人権教育課
 10月19日(木)午後、本校体育館で人権教育映画会を行い、全校生徒と教職員、保護者の方にも参加していただき、「この世界の片隅に」を鑑賞しました。
 主人公が18歳で、生徒の皆さんと同じ年頃の設定であったことで、作品に入り込んでみてくれた人が多かったようです。登場人物たちの様々なセリフに共感したり考えを巡らせたという感想を持った人もいました。
 生徒・保護者の感想(抜粋)
・従来の戦争を描いた作品と違って、日常生活を時に笑いを交えながら描き、やがて戦争が激しくなって主人公から奪われていくものや悲しみが印象深く描かれていた。
・見たい映画だったし、深く心に響いた。映画の中で様々な人たちが自分以外の人のことを思い走りまわっていた。今していることはどこかでつながって未来が広くなる。そんなことも考えた。
・今生きていることも、友達と出会えたこともすべて当たり前のことではないと思い直すことができた。つらいことがあって嫌になることもあるが、すずのように強く、一歩一歩進んで生きていきたいと思った。
・戦争を知らないわたしたちが、戦争を考える機会を持つことは、非常に意味があると思う。映画を通して現在の平和のありがたさをかみしめた。
18:18
2017/08/25

人権教育研修会 大島青松園を訪問

| by:人権教育課
 8月20日(日)に、1・2年生の人権委員、希望生徒、保護者、教員合わせて35名が、香川県高松市にある国立療養所大島青松園を訪問し、ハンセン病問題について学びました。
 まず、徳島県ハンセン病支援協会会長の十川勝幸さんに案内をしていただきながら、納骨堂や「風の舞い」など園内のフィールドワークを行いました。次に、徳島県出身の回復者3名の方と交流会を行いました。当時のつらい経験など貴重なお話を伺うことができました。また、私たちからの質問にも丁寧に答えていただきました。
 ハンセン病問題は過去の問題ではなく誤った政策や考え、無知が原因となる人権侵害であり、現在でも起こりうる問題です。正しく理解し、周囲の人や後の人に伝え、つないで、偏見・差別をなくしていくことが大切だと改めて感じました。

       フィールドワーク
 
  交流会  

 この研修で学んだことを人権委員がまとめ、9月10日(日)の文化祭で展示しました。

  文化祭展示
15:59
2017/05/21

人間関係づくりワークショップ

| by:人権教育課

 より良い人間関係を築くために生徒同士が繋がり合い,相手を思いやるようになってほしいとの思いから,入学して間もない1年生を対象として,今年度は5月9日,10日,11日に,このワークショップを実施しました。
  2ホームルーム80人を2時間単位で3日間に分けて行いました。まずはじめに自分たちが日頃どんな会話をしているか改めて確認し,そして,学校で起こりうる困った場面を想定し,自分も他者も気持ちよく解決することができるアサーティブな表現方法について学びました。最初は消極的だった話し合いも活動が進むにつれ活発に意見を述べ合うようになったり,活動の最後には,各班ごとに考えたアサーティブな表現を盛り込んだ会話を,ロールプレイを用いて発表しました。よりアサーティブな表現をめざして,各班・各ホームルームとも意欲的に取り組みました。


 生徒の感想
  ・とても楽しかった。これまで以上に友だちの接し方について考えていきたいと思った。
  ・あまり話しをしたことない人とも意見を出し合って発表することができて良かった。
  ・自分のことを改めて見直すことができた。いろんな人の考え方を知ることができた。
  ・相手を思いやりながら言葉を選んで断るのは少し難しいと感じた。
  ・理由をきちんと話すことが大切だと思った。
  ・自分の気持ちを伝えることも大切だということがわかった。
  ・アサーティブな表現について知れてよかった。これからの生活に生かしたい。


 ワークショップの様子  

 説明を聞く

 班で話し合う
 

 表現のポイント 
 

 班で発表
 

 判定

 

 表彰式
 

18:47
2016/12/12

1学年人権教育講演会を開催しました

| by:人権教育課

 12月8日(木)に1学年を対象に,「ハンセン病と人権を考える~無知からの偏見・差別~」と題して徳島県ハンセン病支援協会会長の十川勝幸先生にご講演をしていただきました。
 ハンセン病は感染力が非常に弱く,現在では簡単に治癒する病気である。薬のない時代には顔や手足に後遺症が残ったので人々の偏見にさらされた。特効薬が出て治癒するようになった後も,間違った法律が廃止されなかったため,回復者の方たちが50年,60年と隔離され続けた。そのため,地域での偏見・差別が強く,故郷に帰りがたくなっている。など,お話しいただきました。高齢になっている回復者の方々が自然体で故郷に帰られるよう,正しい知識を持って,偏見や差別のない社会を作っていくことが大事だと思いました。
  






09:24
2016/10/24

第45回徳島市・佐那河内村人権教育研究大会

| by:人権教育課
 平成28年10月19日(水) 本校を会場として徳島市・佐那河内村人権教育研究大会が開催され,校外から74名の参加をいただきました。
 多目的ホールで開会行事が行われ,この後,各ホームルームで公開授業が行われました。人権学習のホームルーム活動の他,教科で人権について学ぶ授業もあり,生徒達の学習の様子をご覧いただきました。
  そして,研究会では,立命館大学政策科学部教授桜井政成氏を講師にお迎えして『大災害における災害弱者への配慮』と題した講演を行いました。先生ご自身が阪神淡路大震災を経験し,ボランティアとして避難所に駆けつけたときのさまざまな経験をきっかけとしてボランティア活動に関心を持たれました。その後も災害ボランティアとして活動される中で様々な人権問題に気づかれたそうです。
 日常の中で見えにくい隠れていた問題が災害時に露わになって出てくる。最も弱い立場の人に被害が集中する。コミュニティがしっかり機能していると立ち直りも早いので普段から地域との繋がりを強化する必要がある。災害時には学校は避難所となるので地域との繋がりを日頃から持つことが大切である。また,人々とコミュニティのニーズに対応した活動に従事する中で学ぶ経験的学習(サービスラーニング)では,互恵と活動についての振り返りが重要な鍵である。など様々な知見をいただいた講演でした。
 これらのことを,本校の人権教育に活かしていきたいと思います。 



 開会式 あいさつ

  公開授業1                             公開授業2  

                               

  公開授業3                             公開授業4

  授業参観

  講演会

  展示1                                 展示2
18:42
123